株式会社エヌエムシイ

2022年11月04日

令和4年の年末調整対応につきまして

PBシステムにおける令和4年の年末調整作業につきまして、手順書を作成いたしましたのでご参照ください。

〔令和4年〕年末調整の操作手順 【PDFファイル全42ページ】

本年は住宅ローン控除の制度改正、ならびに国税庁年調アプリの対応メンテナンスを2022/11/30(水・夜)に実施する予定です。
内容の詳細は当サポートページに掲載いたします。

参考リンク:国税庁
年末調整のしかた
給与所得の源泉徴収票等の法定調書の作成と提出の手引

令和4年の制度改正対応

住宅ローン控除の対象緩和 源泉徴収簿入力[住宅借入金等]ボタン 2022/11/30対応メンテナンス実施
成年年齢の引き下げ 源泉徴収票印刷 2022/07/20対応メンテナンス実施

令和4年の年末調整作業

「住宅ローン控除の対象緩和<◆>」の適用がない社員においては、現行のシステム環境で年末調整作業を進めていただくことが可能です。(2022/11/04現在)

<◆>下記条件いずれにも適用している場合、床面積 40 ㎡~50 ㎡未満の住宅取得においても控除を受けることができるようになりました。
 ・居住開始年月日が令和 3 年 1 月 1 日以降
 ・その年の合計所得が 1,000 万円以下

国税庁年調アプリ対応

2022/11/30対応メンテナンス実施

対象メニュー:源泉徴収簿入力[年調ソフト取込]ボタン
11/30実施のメンテナンス以降、[国税庁 年末調整アプリ(年調ソフト)]で作成された申告書データをPBシステムの源泉徴収簿にインポートすることが可能になります。
操作方法など内容の詳細は当サポートページに掲載いたします。

PBシステムへインポート可能となる申告書

 ■ 令和4年分基礎控除申告書   ■ 令和4年分保険料控除申告書
 ■ 令和4年分配偶者控除等申告書   ■ 令和4年分住宅借入金等特別控除申告書


(来年1月対応予定)eLTAX「Pcdesk」対応CSVファイル作成機能

対象メニュー:源泉徴収票印刷

給与支払報告書および源泉徴収票のCSVファイルを作成することが可能になります。
このCSVファイルは[電子的提出の一元化]に対応しておりますので、eLTAX「Pcdesk」へインポートを行うことが可能です。

参考リンク
eLTAXPCdeskのご利用方法
国税庁法定調書の提出枚数が100枚以上の場合のe-Tax、光ディスク等又はクラウド等による提出義務

令和4年の年末調整対応につきまして – CASH RADAR PBシステム サポートページ 令和4年の年末調整対応につきまして – CASH RADAR PBシステム サポートページ

受付時間

10:00~17:00
(土・日・祝日、および弊社休業日を除きます)

お問い合わせはこちら